遺り言

あなたに、遺りごとを綴ります。

置いてきました。。

久しぶりの救急車。

というより、まだ記憶に新しい救急車。

地獄の映像、ゾッとする。

 

 

お母さん、

また朝からバタバタで、もうグッタリです。

 

とりあえず、

「◯にたい、◯にたい、」という

毎日のダダっ子から、束の間逃れられるのかな、。

(暴れられても困るから、置いてきた。笑)

 

 

 

改めて、自分は絶対に口に出さないようにしようと思ったよ。

あの言葉が、どれだけ人からエネルギーを奪うのかを

知ったから。

 

言いたくなったらお母さん、

またここで聞いてね。笑