読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遺り言

あなたに、遺りごとを綴ります。

お供えの対象

お母さん、今日は二人がお供え持ってきてくれたよ。

 

ありがたいなぁ、って。

忘れずにいてくれること、

ほんとにありがたいなぁって。

 

同時に、

あぁ、ほんまにもう居らへんねんなぁと、

胸の奥がじゅくじゅくした。

 

 

 

お供えなんてありえない。

お供えされるようになってしまったなんて。

確かにそこに居たのに。