読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遺り言

あなたに、遺りごとを綴ります。

ぽい

鬱というのを過去にトントンっと経験したけど、

アレは確か脳の分泌量の異常やらが原因で、

かかってからでは気の持ちようで何とかなるもんじゃない、と勉強した。

うつになると、文章を読むのもきつくなったりするけれど、あの時は何冊読んだかなぁ。助かりたくて、必死だった。

 

ま、今となっては、優秀であたたかい専門医に、

「これはとっても脳に効くお薬ですよ、安心してね」と、ラムネを渡されれば、

すぐに助かったような気もするけれど。笑

少なくとも、あの日の医師のように、

「、、で?」なんて、初診で足を組むような人に、この手の病が治せるとは思わない。

 

脳の神秘を生かした治療法が、現代医療に取り入れられる日なんて来ないだろうけど、

私は本当にコレを試していただきたい。。

思い込ますという意思疎通が図れる相手なら、例えどんな病気であっても。

 

 

ところで、今の私の脳ちゃんは どないなってるんやろ??

 

医学的な「うつ」ではないかもしれないけれど、

生きたいと思えないんだから、同じようなもんよね?

 

ぽい、である。

うつっぽい、のである。笑