遺り言

あなたに、遺りごとを綴ります。

病人

小さい頃の幸せな思い出も、

学校での色んなことも、

今までの恋も、仕事も、

確かに歩んできたのに

ウソみたいなんよね。

 

生きてきたのにね、

全てが透明になっていくような感じ。

 

動けんよ、

何にもしたくなくて動けん。