遺り言

あなたに、遺りごとを綴ります。

1幕に戻りたい

自分に苦しい事が起き続けたとしても、
1幕を生きていたかった。


悩みを抱え、迷いながらも、

朝起きて、
太陽を見て、
食事をして、
働いて、
眠りにつく、

ごく普通の日常に感謝できていた1幕が良かった。

決して楽ではなかったけど、
1幕だったからこそ感謝もできた。


もう長いこと、戻りたい日なんてないと言ってきたけど、
今なら戻りたいと心から思う。

1幕に戻りたい。