遺り言

あなたに、遺りごとを綴ります。

母の気配

お母さん、
冬の慣れない雪で凍傷負って、
もう根元からへたりこんじゃったあの子がね、
今頑張って復活してくれてるんよ、
おばあちゃんに 勝手にちょん切られて、
もうほんまにショックやったけど、
あれから息吹き返したんよ、
あの子のそばに居るの?

絶対 新居にも連れてくからね、って
約束してるねん。


無言のエール、
微かに感じる心が
私にもまだあった。