読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遺り言

あなたに、遺りごとを綴ります。

恐れなくなった

お母さん、

今日 バレー勝ったね〜♪

 

 

毎回ギャーギャー言って一緒に見てたよね。

放送に合わせて、ご飯も急いで作ったりして。笑

去年も元気に見てたね。

 

お母さんの排泄チェックから食事、体温、症状、ケア内容、

全てを事細かに記していた日記に、

去年の今頃、喜びのバレー観賞日についてもメモった覚えがあるよ。

いつだったか、

今はあのノートを仕舞い込んでいて、開くことすら恐くてできないけれど。

 

 

ドラマの続きも、

新しいスーパーも、

可愛いもの、美しいもの、素晴らしいもの、

 

全て、見られなくなるんだよね。

 

 

この世界から消えるということは

こういうことなんだと、

色んなことを感じるようになった今、

自分が居なくなった時もこんなふうに

何もかも失うんだなぁと、(魂云々は置いといて。)

これまでそんな事想像することなんて出来なかったけど、

今ならね、想像できるんよ。

 

自分の「死」についても。

 

ここから体が消えるということ、

ここに意識をおかなくなるということ。

 

 

恐れなくなった。