遺り言

あなたに、遺りごとを綴ります。

忘れられない言葉

「真面目にやってきたのに、、」


上半身を起こすのもつらくなった あなたが、
折れそうな腕を震わせて起き上がり
ポツリ言ったこれが忘れられない、。



そうだよね、
あなたは真面目で、働き者で、正直で素直で、
やさしく思いやりのある、最高の人だった。

そうなんだよ、
いつも自分のことは後回し、
みんなのことばかり気にかけて、
明るく、へこたれず、
可愛く、チャーミングな 最高の人。


こっちの世界では美徳なアレコレも、
あっちの世界では真逆だったりする。

我慢して、笑顔で人に譲ってちゃ、
生身のエネルギーは輝かないこと。

努力する人が、頑張る人が、
望む幸せを手に出来るとは限らないこと、


こんな、希望のない話ってないよねお母さん。

世の中には、
こんな目に遭う人が山ほどいるんだと思うと
本当にゾッとするよね、

誰に試されて生かされてるのか、
そちらの神経を疑うわ、ってね。笑


信じるものは救われなかった、
さてその先は??


半端ない日々やったよ、
命削ることも恐れないくらい、
全霊であなたを繋ぎ止めてきた。
その先を、命がけで信じたから。


騙されたと思ってる?

ほんまにごめんね、
嘘ではなく、それを真実にしようと覚悟したんよ、
事実にすれば勝ちだと思った。

結果、騙してたね、
本当のことを隠し続けて、
ほんまにほんまにごめんね、。