遺り言

あなたに、遺りごとを綴ります。

いつものお店でいつものお昼

お母さん、

昨日はお墓参りの帰りに久々に◯サンに寄ったよ。

 

何も変わってなかった。

高齢者ばかりなのも、

唐揚げと味噌汁の味も。

 

居なくなる者と、

居続ける者、

この境目を目の当たりにした時は、

いつも不思議で、違和感がしてならない。

 

入るのは辛くもあり、

お母さんの食べたいものを探してみたり、

話しかけたりもして。

 

最後に美味しい美味しいと食べたのは、

昨年のお盆だったか、

 

元気に、一緒に食べたのにね。