読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遺り言

あなたに、遺りごとを綴ります。

地獄天国

さいごの日の、
父からの電話の声を思い出すと、
また
肺の辺りがカラカラになる。


そんなはずはない!って、
声かけてる?!って聞いたら、

「かけてるけどあかんねや、!!!」

って、震えながら怒鳴られた。


21年前、
下敷きになった私達の部屋に飛んで来てくれた時と、
同じ声。



あんな声を、
二度も出させんとってよ神さま、
あんな声を、
二度も聞かせんとってよ、




なんで教えてくれんかったんやろう、
なんで一人を選んだんやろう、

救急に電話を繋いだまま、
名前を叫びながら心肺蘇生法を続けた
朝の6時前。
あのソファから居なくなって、もう数時間経ってたって。


あんなに寄り添って生きたのに、
なんで一人を選んだんやろう。

結局、私は何にも分かってなかったんかな、
あの時の精神力、ちょっとビョーテキやったもんね。


地獄はもういらん。
天国も、欲しくはない。