読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遺り言

あなたに、遺りごとを綴ります。

母の忘れ物

お母さん、

あなたが毎日使っていた携帯は

今でも充電して置いてるよ。

解約する前に、メッセージも送っておいた。

 

あなたが私に送ってくれた最後のメール、

あなたが私に電話してくれた最後の履歴、

私があげたストラップが揺れる、聞き慣れた音。

 

あんなに毎日使ってた携帯まで置いていくんかと

「お母さん、携帯忘れてる!」って

今でも言いそうな時があるよ。笑

 

改めて、

人は、何も持たずにいってしまうのだと知った。

疲れた体と思い出だけで階段を昇るのだと。

 

 

私は、どんな風に昇るんだろう。