読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遺り言

あなたに、遺りごとを綴ります。

父の二幕

この前の「ビフォーアフター」は

とっても感動的だったようで。

 

お母さんも大好きでいつも視てたよね。

特に、依頼者が喜ぶ顔を視るのが好きやったね。

 

お父さんも視てるかなと思ってたけど、

私が考えてる以上に お父さんにとっての二幕は厳しいみたい。

 

お母さんが好きやった事、好きやったもの、

今はそれら全てを思い出すのもキツイみたい。

 

 

お母さん、

そこからも見えてますか?

 

どうか、

お父さんを助けてね、

9つも上の自分が置いていかれるなんて

これっぽっちも想像してなかったんやもん、

お母さんがあんな姿になるなんて、

あんな地獄を見るなんて、

 

 

あまりにも、

あまりにも、

苦しいよ。

 

 

娘は、父が一人で過ごす時間があること自体が

たまらないのです。