遺り言

あなたに、遺りごとを綴ります。

満月のクリスマス

今年のクリスマスは満月なんだって。

 

もちろん、美しいよ、今でも変わらず。

 

 

 

でも、今は見上げられなくなった、

あんなに毎日話しかけてきた(笑)付き合いだからこそ、

あの呼びかけの全てが、

ただの叫びでしかなかったのかと、

何も聞いてはくれなかったと、

 

お月さんを恨んだって仕方ないのにね、

今は、話しかける気分にならへんのよね、

 

空も星も月にも、

今は何も話したくない。

 

総じてこれが運命だと、

結果うまくいくのだと、

模範的な思考ならいくらでも掘り出せる。

今までずっとそれを、

疑うことなく あの数時間前まで信じてきたから。

 

 

でも

現実はそうじゃないから、

私はこんなところで

人知れずお便りしてるんだよ。