遺り言

あなたに、遺りごとを綴ります。

爪の色

ほんとに紫色になるんだね、

あの色を

あの冷たさを

思い出すとまた眠れなくなる。

なんて、なんて、

厳しいのだろう。